英検アカデミーは英検対策やリスニング、プログレス、ニュートレジャーの指導を行う英語専門塾です

プログレス・ニュートレジャー対策No.1!英検アカデミー

疑問・質問、お気軽にお電話下さい! 080-5087-9981

Home > 講師ブログ > 『小学生英語』と『中学生英語』は全然違います!

2014
02/04

『小学生英語』と『中学生英語』は全然違います!

中学受験生の皆さん、中学受験、お疲れ様でした。

小学生から中学生にになるにあたって、
勉強で違ってくるのが、やはり「英語」です。

中学入って、英語の本格的な学習が始まります。
英語といえば、ほとんどの大学の入試で必須科目ですね。

学校を問わず、全ての中学1年生にとって
【最も重要な科目】と言っても過言ではないでしょう。

私立小学校では以前より増して、公立の小学校でも近年より
英語の授業が行われていますが、

その授業の実情はというと、
残念ながら「お遊び」の域を出ていません。

むしろいきなりネイティブの人達との会話がある為、
英語嫌いになってしまうお子さんも少なくありません。

中学受験の場合、帰国子女入試を受けない限り
英語は入試科目ではないので、どうしても手を抜きがちです。

実際に、中学受験が終わったお子さんは、
英語のアルファベットがほとんど書けない、
という場合が多くあります。

中学受験をせず地元の公立中学校に進む場合はともかく、
私立や国立など中学受験を課す学校に入学するお子さんの場合には、
中学から英語を学習するうえで大きな問題なのです。

事実、中1で英語学習につまづいているケースがとても多いのです。

私国立中学の学習進度が公立中学よりもはるかに速いことは、
皆さん、ご存じの通りだと思います。

英語ももちろん速く進んでいきます。
「プログレス」「ニュートレジャー」など、
教科書ガイドや解答のなく、難易度の高い教科書を使用していたら、
尚の事付いて行くのが難しくなります。

私国立中学の英語では、本来は「アルファベット→英単語→英文」
の順に学んでいくところを授業速度優先のために「同時進行」
で行っている場合が多くあります。

もし、アルファベットもままならない状態で
このような英語の授業を受けるとどうなるのでしょうか。

また、このペースについて行くため教科書を暗記する学習に偏ってしまうと、
英文法がおろそかになったまま進む可能性が高いです。

その結果、テストで「I’m don’t play soccer.」
といった誤文を作ってしまうようになってしまうのです。

文法の学習に力を入れたカリキュラムの場合は、
平叙文→疑問文→否定文→…と次から次へと進んでいくため、
そのペースについていくのが困難なお子さんも出てきます。

その後は、過去形→未来形→不定詞…と続いていきますので、
中1の2学期以降の壁を乗り切るためには、
最初の段階で基礎力の有無が明暗を分けるといっても過言ではありません。

中学でも英語の授業についていけるようになるには、
中学入学までに英語の基礎力をつけておくことが大事です。

英語の基礎力とは、

・アルファベットの読み書きの能力
・英語文の基本の理解(主語+動詞)
・日本語の品詞とその特徴の復習や役割

の3点です。

英語の学習も中学受験と同じく、
基礎でつまずくともうそれ以上、上の階段にはあがれません。

逆を言えば、スタートできちんと出来ていれば、
その後も加速度的に理解し、学習を進めることができるのです。

大学受験はまだまだ先の話、と思いがちですが、
大学受験に向けて最も重要な教科である「英語」の成否は、
中1のスタートが握っているのです。

また、現在では一部私立学校を除いて筆記体を習わないことはご存知でしょうか。

2002年から完全実施された、いわゆる「ゆとり教育」では、
中学校学習指導要領が
「アルファベットの活字体の大文字及び小文字」
となり、筆記体は先生の裁量となったのです。

さらに2012年4月施行の新学習指導要領でも、
他の多くの削除項目が復活する中、筆記体は復活しませんでした。

ということは、とりあえずブロック体を覚えれば良い、と言えますね。

中学受験で発揮した力が残っている2月のうちに、
アルファベット(ブロック体)を覚えて、
中学の英語学習に向けて好スタートを切りましょう!

英検アカデミーでは、中学から1から学び直すことのない指導を行っております。

具体的には、

・beかdoかdoesかしっかり分かるように、be動詞や一般動詞を徹底指導。
・専用プリントを使用し、中学入学前に基礎を定着させます。

等、生徒さんに合わせて基礎が身につく指導を致します!

当塾について少しでも興味をもたれた方、
各校舎にて随時説明会を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、電話・ネットで承っております。

フリーコール(通話料無料):0077-78-9981
(携帯:080-5087-9981 担当 桐山)

↓↓メールフォームでも承っております(下のバナーをクリックして下さい)↓↓

お電話でのお問い合わせはこちら 080-5087-9981

英検対策

ニュートレジャー対策

プログレス対策

教室を探す
(市区町村名50音順)

 

東京都(23区外)

国立市 国立教室
小金井市 武蔵小金井 第一教室
武蔵小金井 第二教室
国分寺市 国分寺教室
多摩市 聖蹟桜ヶ丘教室
東久留米市 東久留米教室
日野市 高幡不動教室
府中市 府中教室
町田市 町田教室
武蔵野市 吉祥寺教室

埼玉県

上尾市 上尾教室
川口市 川口西口教室
川口東口教室
さいたま市浦和区 浦和教室
北浦和教室
中浦和教室
さいたま市大宮区 大宮教室
さいたま市南区 武蔵浦和教室
南浦和教室
越谷市 南越谷教室
所沢市 所沢教室
新座市 新座教室
吉川市 吉川教室

千葉県

市川市 市川教室
本八幡教室
千葉市 稲毛教室
習志野市 津田沼教室
松戸市 松戸教室

大阪府

大阪市 大阪谷町教室
箕面市 大阪箕面教室
豊中市 豊中教室
緑地公園教室
高槻市 高槻教室

兵庫県

西宮市 西宮北口教室
川西市 川西教室
神戸市 神戸三宮教室
神戸六甲教室

京都府

京都市 四条烏丸教室

奈良県

奈良市 学園前駅前教室

愛知県

名古屋市 名古屋本山教室

ページトップ