英検アカデミーは英検対策やリスニング、プログレス、ニュートレジャーの指導を行う英語専門塾です

プログレス・ニュートレジャー対策No.1!英検アカデミー

疑問・質問、お気軽にお電話下さい! 080-5087-9981

Home > 講師ブログ > 英検対策講座 3級編『1次試験+初めての面接・2次試験、合格へポイント』

2018
09/11

英検対策講座 3級編『1次試験+初めての面接・2次試験、合格へポイント』

2学期が始まりました。

みなさん、2学期の学校行事や部活、試験との両立、英検対策は万全でしょうか?

本日は英検3級のライティング、二次試験の面接とその合格のポイントをまとめました。

 

まず、英検3級の出題範囲は中学2~3年生までに学んだ文法と語彙です。

必要語彙数は2,100です。4級に比べて、単語・熟語数がかなり増えます。文法に関しては、受動態・現在完了・関係代名詞などです。

ライティングは、英文で質問が1出されています。受験者自身が自分の意見を質問で使われた文法・語彙などを使い英作文を書きます。※ライティングの出来が合否を左右します!!

試験範囲を習っていない小学生、中学一年生。また、ライティングに不安がある方など、塾のご利用をお勧めいたします。

また、3級には面接があります。5分間の面接をすべて英語で行います。

初めての面接、1対1ですべて英会話となると不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は、英検の2次試験は9割の方が合格しています。

 

英検3級の出題形式

1次試験 筆記試験50分+リスニング試験約25分

 

筆記試験 50分 ライティング ※記述式

  • 英作文 1問
リスニング 25分 リスニング ※全問マークシート

  • 会話の応答分選択10問
  • 会話の内容一致選択10問
  • 文の内容一致選択10問

 

2次試験 ※1次試験合格者のみ2次試験が行われます。

2018年10月の英検日程では、11月4日または11月11日です。

面接  5分間 試験官との個人面接試験の流れ:

  1. 手渡されたパッセージの音読 1問
  2. パッセージについての質問  1問
  3. パッセージ内のイラストについての質問 1問
  4. 受験者自身についての質問  2問

※パッセージとは、試験官より渡される文章・イラストが描かれたカード。
3級は、30字前後の文章。

 

合格ラインは、およそ60~65%です。しかし、合格ラインを確実に上回るように70%以上を目標に練習を進めていきましょう。

 

■対策■

受動態や現在完了などで使われる過去分詞、特に不規則動詞の過去分詞をはじめとした分詞をしっかりマスターしましょう。

例、make→made, write→writtenなど。

関係代名詞、更には間接疑問文などの文法事項を確実にマスターしましょう。

 

ライティングでは、質問文に不定詞が使われていれば、不定詞を使って答えを書きます。

例 What do you want to do in the future?

I want to study abroad in the future. というように。

そして、その理由を2点書きます。

 

リスニングは、4級と比べて、ネイティブスピーカーの会話スピードに近くなっています。
過去問等のCDを使って繰り返し練習し、速さ等に慣れましょう。

 

★単語・熟語対策

3級は4級に比べて熟語数が800語前後増えます。take、makeなどの基本動詞ごとの熟語をそれぞれ約10個覚えることが必要となります。

例えばtakeならば、take care of~(世話をする)、take part in~(参加する)などになります。

 

次に熟語で必ず出題されるのが、be動詞を使った熟語です。

これには2種類あります。

1)be動詞+形容詞+前置詞

具体的には、be different from~  (~と異なる)、be late for~(~に遅れる)

 

2)be動詞+受動態(受け身)+前置詞

be covered with~ (~に覆われている)、be interested in~(に~興味がある)

どちらも、前置詞が混乱しがちです。かつ、前置詞を選ぶ問題が出ぜひ声にだししっかりとマスターしましょう。

1)、2)それぞれ10個ずつ覚えれば3級対策としては、安心です。

 

面接での音読テストのポイント

一番大切なことは、まちがえても良いので自信を持って堂々と、文の内容理解を意識して、面接官に聞こえるように音読しましょう。

 

カードに書かれたパッセージ(英文)に関する質問のポイントは、質問の答えは必ず文中に書いてありということ。慌てず落ち着いて質問の主語と動詞をしっかりと聞きとりましょう。答える時のポイントは、主語を代名詞に変える事です。

例えば、質問が

What do most students study about ?

Most students study ~ではなく、They study~と答えることです。

 

イラスト問題についてのポイントは、答えは必ず主語・動詞がある完全な文で答えること。

例えば、

Where is the pen?

→On the desk.ではなく、It’s on the desk. と答えることが大切です。

 

受験者自身への質問時には、質問されたことには具体的に答えます。

例えば、

How did you come here today?

→By train.  By car.ではなく、I came here by train.と主語・動詞のある完全な文章で答えます。

そして、質問のcome→cameとすることを、お忘れなく!

 

その他Attitude(態度点)のポイント

①元気に自信を持って堂々と。読み間違えても堂々と。

②面接官とアイコンタクトをとり、相手に聞こえる大きさの声。

③質問が聴き取れなかったり考えているとき、下を向いたり押し黙らない事。
→Pardon me? Let me see.など積極的さをアピール!

 

以上、簡単に3級についてポイントをまとめました。

 

皆さん3級合格に向けて自信はいかがですか?対策は万全ですか?

3級対策に不安を感じたら

 英検アカデミーにお問い合わせください!!

 

英検指導豊富な講師陣と英検用の教材、そして生徒さん一人一人のニーズに合わせた個別対応で、3級合格へ万全のバックアップをいたします。まずは、お気軽にご連絡ください。

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら 080-5087-9981

英検対策

ニュートレジャー対策

プログレス対策

教室を探す
(市区町村名50音順)

 

北海道

札幌市 札幌駅前教室

東京都(23区外)

国立市 国立教室
小金井市 武蔵小金井 第一教室
武蔵小金井 第二教室
国分寺市 国分寺教室
国分寺第二教室
多摩市 聖蹟桜ヶ丘教室
東久留米市 東久留米教室
日野市 高幡不動教室
府中市 府中教室
町田市 町田教室
武蔵野市 吉祥寺教室
調布市 調布教室
稲城市 稲城若葉台教室

埼玉県

上尾市 上尾教室
川口市 川口西口教室
川口東口教室
さいたま市浦和区 浦和教室
北浦和教室
中浦和教室
さいたま市大宮区 大宮教室
さいたま市南区 武蔵浦和教室
南浦和教室
越谷市 南越谷教室
所沢市 所沢教室
新座市 新座教室
志木教室
吉川市 吉川教室
川越市 川越教室
飯能市 飯能教室

大阪府

大阪市 大阪谷町教室
天王寺教室
箕面市 大阪箕面教室
豊中市 豊中教室
高槻市 高槻教室

京都府

京都市 四条烏丸教室

奈良県

奈良市 学園前駅前教室

岡山県

岡山市 岡山教室

広島県

広島市 広島教室

ページトップ